慰謝料の種類

自動車に乗る場合、さまざまな保険に入る人もいると思いますが、その中でも、誰でも必ず加入しなければならないのが自賠責保険です。この自賠責保険は、万が一事故を起こして相手にケガをさせてしまった場合などに、最低限の費用を保証してくれる役割があります。数十万~数千万円といった多額の慰謝料が発生した場合にも、この自賠責保険に入っていることである程度保証されます。ただし、最低限の保証というだけあり、対物に対しては保証がきかなかったり、あるいは自分自身のケガや自分の車に対しての保証はなかったりと、保証される範囲がかなり限られているのが特徴です。これらをカバーするために多くの人が任意保険に加入しています。

自賠責保険には、「入通院慰謝料」と「後遺障害慰謝料」という2つの慰謝料があります。「後遺障害慰謝料」は第1級から第14級まで段階式に分かれており、これは後遺症がどれくらい重いのかによって判断されます。入通院慰謝料の上限は1日当たり4200円。後遺障害慰謝料は、治療が終わってからも全身麻痺、神経障害などの後遺症があった場合に支払われる慰謝料であり、32万円から1100万円までが支払われます。ただし気を付けたいのは、弁護士にきちんと相談せずにこの手続きを行うことで、本来受けられるはずの保証が受けられないことがあるという点です。場合によっては、100万円以上、あるいは1000万円近くの差が出てしまうケースもあるため、必ずきちんと弁護士に相談することが大事なのです。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket