弁護士への相談

交通事故に遭って慰謝料を請求することになった場合、じつは約90%以上もの人が損をしているとも言われています。たとえば、過失割合が正当ではない、痛みが残っているにも関わらず後遺障害等級の扱いにならなかった、保険会社の人にうまく取り合えってもらえない、あるいは内容を聞いても難しくてなかなか理解ができないなど。事故後の慰謝料請求の際には、あらゆる問題により、正当な額の慰謝料をもらえないことも多いのです。落ち着いた状況であれば、きちんと落ち着いて話すこともできるかもしれません。しかし、事故後ともなると、冷静な判断がなかなかできないもの。こういった理由から、慰謝料をきちんともらえないことが多いのです。

そうならないためにも、弁護士に交通事故被害相談をするのが得策です。人によっては、そもそも慰謝料の相場がどれくらいなのかを知らない方多いでしょう。保険会社から言われるがままになっていると、じつは受けられるはずだった保証を受けられずに終わってしまう可能性も高いです。実績やノウハウを持った弁護士に相談すれば、もちろんこういったトラブルも起きません。弁護士によっては、治療費の延長の交渉も可能です。慰謝料で損をしないためにも、交通事故に遭った際にはすぐに弁護士に相談するようにしましょう。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

慰謝料の算出

慰謝料はどのように計算するのでしょうか?計算方法は、自賠責保険基準・任意保険基準・弁護士基準という3つの基準があります。自賠責保険は最低限の保証をしてくれるものですから、他の2つと比べると保証内容は少し薄くなります。任意保険基準は加入している保険にもよりますが、自賠責保険基準と比較すれば保証内容も厚くなるケースが多いでしょう。これは、加入時にどんな保証を受けられるのかきちんと確認しておくことが大事です。

自賠責保険では補いきれなかった範囲を保証してくれるのが任意保険であり、対物補償なども付いているので、対人以外の交通事故でも適用できるのは安心できるポイントでしょう。もちろん、補償内容が厚くなればなるほど支払う金額も高くなりますが、その分万が一のときの費用をカバーできるのは心強いでしょう。そんな任意保険よりもさらに手厚い保証を受けられると言われているのが、弁護士基準です。

弁護士基準とは、過去の事例をもとに正統な慰謝料を見定めるものであり、自賠責保険や任意保険と比較しても、公正且つ客観的な視点から判断がなされるため、高額の保証を受けることができます。交通事故に遭ってしまった時に、自賠責保険や任意保険だけではカバーできないケースも出てくるかもしれません。そんなもしもの時に備えて、弁護士に頼ってみることが大切です。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

慰謝料の種類

自動車に乗る場合、さまざまな保険に入る人もいると思いますが、その中でも、誰でも必ず加入しなければならないのが自賠責保険です。この自賠責保険は、万が一事故を起こして相手にケガをさせてしまった場合などに、最低限の費用を保証してくれる役割があります。数十万~数千万円といった多額の慰謝料が発生した場合にも、この自賠責保険に入っていることである程度保証されます。ただし、最低限の保証というだけあり、対物に対しては保証がきかなかったり、あるいは自分自身のケガや自分の車に対しての保証はなかったりと、保証される範囲がかなり限られているのが特徴です。これらをカバーするために多くの人が任意保険に加入しています。

自賠責保険には、「入通院慰謝料」と「後遺障害慰謝料」という2つの慰謝料があります。「後遺障害慰謝料」は第1級から第14級まで段階式に分かれており、これは後遺症がどれくらい重いのかによって判断されます。入通院慰謝料の上限は1日当たり4200円。後遺障害慰謝料は、治療が終わってからも全身麻痺、神経障害などの後遺症があった場合に支払われる慰謝料であり、32万円から1100万円までが支払われます。ただし気を付けたいのは、弁護士にきちんと相談せずにこの手続きを行うことで、本来受けられるはずの保証が受けられないことがあるという点です。場合によっては、100万円以上、あるいは1000万円近くの差が出てしまうケースもあるため、必ずきちんと弁護士に相談することが大事なのです。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

交通事故の慰謝料

交通事故に遭遇し、万が一自分自身が被害者になってしまった場合、蔑ろにせずきちっとさせておきたいのが慰謝料の問題です。事故に遭った直後は、大したケガではないと思ったら、そのまま加害者側に責任を負わせることなく終えてしまうかもしれません。しかし、交通事故で怖いのは、後から痛みが出てくるケースもあることです。事故後に結局自分で治療費を払う羽目になってしまった、といったことにならないためにも、加害者に慰謝料を求めることが非常に大切なのです。

慰謝料とは、何らかの原因により利益を失った人に対して、その原因となって人物が損害賠償として支払いをすることです。交通事故に遭った場合、ケガによる治療費はもちろんのこと、精神的な被害を受けた場合にも賠償責任を負う必要が出てきます。ただし、この慰謝料で覚えておきたいのは、入院費用など最低限必要な分までしか支払われないという点です。場合によっては、自分が事故に遭った時に、慰謝料としてもらった額よりも多くの入院費用を自己負担で支払わなければならないといったことも少なくありません。そうならないために頼りたいのが弁護士です。

交通事故に遭ったときには、弁護士に依頼することで、正当な慰謝料の額をきちんともらうこともできるようになるでしょう。専門知識を持った弁護士がしっかりと保険会社に交渉をしてくれるため、被害者を有利な方向へと導いてくれるのです。示談交渉は素人ではなかなか難しいもの。弁護士に頼めば、不明な点もしっかりと解決でき、慰謝料もきちんともらえるなど、メリットも多いものです。当サイトでは、交通事故に遭った時に知っておきたい、慰謝料に関する基礎知識や、弁護士に相談する方法、メリットなどを詳しくご紹介します。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket