弁護士への相談

交通事故に遭って慰謝料を請求することになった場合、じつは約90%以上もの人が損をしているとも言われています。たとえば、過失割合が正当ではない、痛みが残っているにも関わらず後遺障害等級の扱いにならなかった、保険会社の人にうまく取り合えってもらえない、あるいは内容を聞いても難しくてなかなか理解ができないなど。事故後の慰謝料請求の際には、あらゆる問題により、正当な額の慰謝料をもらえないことも多いのです。落ち着いた状況であれば、きちんと落ち着いて話すこともできるかもしれません。しかし、事故後ともなると、冷静な判断がなかなかできないもの。こういった理由から、慰謝料をきちんともらえないことが多いのです。

そうならないためにも、弁護士に交通事故被害相談をするのが得策です。人によっては、そもそも慰謝料の相場がどれくらいなのかを知らない方多いでしょう。保険会社から言われるがままになっていると、じつは受けられるはずだった保証を受けられずに終わってしまう可能性も高いです。実績やノウハウを持った弁護士に相談すれば、もちろんこういったトラブルも起きません。弁護士によっては、治療費の延長の交渉も可能です。慰謝料で損をしないためにも、交通事故に遭った際にはすぐに弁護士に相談するようにしましょう。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket