慰謝料の算出

慰謝料はどのように計算するのでしょうか?計算方法は、自賠責保険基準・任意保険基準・弁護士基準という3つの基準があります。自賠責保険は最低限の保証をしてくれるものですから、他の2つと比べると保証内容は少し薄くなります。任意保険基準は加入している保険にもよりますが、自賠責保険基準と比較すれば保証内容も厚くなるケースが多いでしょう。これは、加入時にどんな保証を受けられるのかきちんと確認しておくことが大事です。

自賠責保険では補いきれなかった範囲を保証してくれるのが任意保険であり、対物補償なども付いているので、対人以外の交通事故でも適用できるのは安心できるポイントでしょう。もちろん、補償内容が厚くなればなるほど支払う金額も高くなりますが、その分万が一のときの費用をカバーできるのは心強いでしょう。そんな任意保険よりもさらに手厚い保証を受けられると言われているのが、弁護士基準です。

弁護士基準とは、過去の事例をもとに正統な慰謝料を見定めるものであり、自賠責保険や任意保険と比較しても、公正且つ客観的な視点から判断がなされるため、高額の保証を受けることができます。交通事故に遭ってしまった時に、自賠責保険や任意保険だけではカバーできないケースも出てくるかもしれません。そんなもしもの時に備えて、弁護士に頼ってみることが大切です。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket